私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
今日はヤマハの日
15289091860.jpeg15289092120.jpeg15289092380.jpeg

2018.6.13
今日の午後はヤマハの青春ポップスの日!
午前は主人の認知症専門クリニックの診察だったので、
帰りは藤田邸跡公園で、のんびり自販機のジュースで休憩。
今日初めて知ったのですが、隣の藤田美術館が建て替えで2021年に、
オープンになるそうで、建物の取り壊しの真っ最中。歴史のありそうな、
古い建物をどこまで残すのか、まさか全部壊すのか、シートのすき間から、
のぞいてみては、主人とあれこれ話しました。
調べてみると、4月に最後に蔵を一般公開していたそうでした、知らなかった。
どうも全体的に建て替えになるようです。もっと行っておけばよかった。
ヒョウタン池のハスの花の様子もチェック、小さなつぼみがあり、
来週には咲き始めるかもしれません。ローソンのお弁当でランチして帰宅。
バスでヤマハに向かいました。先週の体験で入会して今日は第一回目。
「てんとう虫のサンバ」を楽しく振り付きで歌いました。サンバのステップは、
少々膝に来ましたが、そこは手抜き、省略で。完璧にする必要もないし。
後半は「花嫁」「いとしのエリー」「赤いスイートピー」などを少し歌い、
すっきりした気持ちで帰りのバスに乗り込みました。月2なので楽しもう!
スーパーでコーラスのソプラノメンバーのYさんとバッタリ!
ちょうどコンクールの音源を送ってくださったお礼を言うことが出来ました。
看護師さんのYさん、「最近ご主人どう?」と心配顔で聞いてくださり、
「かなり物忘れは激しいけど、性格は変わっていないし大丈夫です」と。
やさしい主人、これからも変わらずにいてほしい、先の事はわかりませんが。
電動アシスト自転車のバッテリーがまたダウン、もう寿命かも。
も心配してくれていますが様子を見て、買い替えるしかなさそうです。
[2018/06/13 23:59] | | トラックバック(0) | コメント(0) |
リメイク
15287937600.jpeg

2018.6.12
昨夜、ベッドに入ってから寝付けずに考え事をしているうちに、
ずーーっと考えるだけで出来ていない和服のリメイクのことが浮かび、
「そうだ!ガウチョパンツにしたらどうかしら」薄手の地味な訪問着とか、
あまり着る機会のなかった鮫小紋とか、母の遺品の地味なウール。
あれをリメイクしたら、そうだスマホで調べよう!すっかり目が覚めました。
今日職場で、パッチワークが趣味で洋裁も得意のAさんに、
「ガウチョパンツって自分で縫えるかな?むずかしい?」と聞いてみると、
「最近けっこう流行っていて、型紙の本もたくさん出てるよ」と。
ミシンを買って自分で作ってみるか、マジックミシンなどで頼んでみるか。
シンプルなミシンを買って自分で作った方が現実的かなあとまたまた妄想。
故障して長く放置して、結局処分したミシン。修理した方が良かったかも。
へたでも普段着にしてもう一度着てから処分した方があきらめがつくか?
和服の処分に悩みます。新婚の頃、主人が買ってくれた薄紫の絞りの浴衣。
嵐山の万灯祭に二人で浴衣で出かけて楽しかった思い出があります。
が生まれるずっと前。あれも夏用のチュニックに出来ないかなあ。

1993.6.3
【3才3か月の頃】
『昨日はお父さんにお迎えを頼んで夕食の支度もしてもらったのですが、9時頃、家に帰ると、主人で大騒ぎして遊んでました。夕食はたくさん残していました。お風呂もお父さんと入って、出る時なかなか離れず、何度も「さようなら!また明日!」(?)をしてました。お風呂上りに塗るのお薬をいつもさっと持ってきてくれるです。母』
T保育園の保育ノートより
[2018/06/12 23:59] | 保育園 | トラックバック(0) | コメント(0) |
振り替え不可
15286254980.jpeg15286258040.jpeg

2018.6.11
帰宅して郵便受けを見ると、夕刊と郵便物があり、主人は外出中?
と、思ったら雨の予報を見て早目の時間に買い物をしていました。
郵便物は、あてが二通、私に一通。にはJAFの会員証と、奨学金の、
「5月分の振り替え不可のお知らせ」でした・・・。
同時に携帯にも連絡が行くらしく、に知らせると、「知ってるよ、大丈夫」
と返信。「来月二か月分振替えだから頑張ってね」二か月分痛いだろうなあ。
これが続くとブラックリストに乗る可能性があるので、
「結婚してもし住宅ローンを組みたくても出来なくなるよー」と脅しました。
が3月まで住んでいた岐阜のレオパレスは集合ポストはなく、郵便物は、
各ドアポケットに入っていたそうなのですが、今はいわく「こんなとこに」
とびっくりするほどの動線からは離れた場所にあったらしく、
四月分の、公共料金の請求書兼振込用紙に全く気付かなくて、未納になり、
6月になってから気が付いたそうです。ブラックリストに乗るよ・・・。
岐阜では公共料金は会社負担だったのが横浜では家賃は会社が全額、
公共料金は本人負担になったのもややこしい。が大学時代にも、
夏休みに電気代を振り込むのを忘れて、実家から戻ったら電気がつかず、
冷蔵庫に残っていた食品がえらいことになっていて、泣きながら(?)
掃除したと言っていたなあ。数日間は電気が通らず、24時間開いている、
冷房の効いた大学の図書館に、避難していたそうです。学習してね。
[2018/06/11 20:51] | 息子たち | トラックバック(0) | コメント(0) |
トイレ
15286257580.jpeg15286259300.jpeg

2018.6.10
午前中に入院中の次女の姉の病院へ。長女の姉と二人で同じ時間に。
姉の部屋には面会謝絶の札が・・・。家族親族以外の面会はお断りしていて、
三月までは、かなり頑張って働いていた姉ですが仕事関係の面会はせずに、
ゆっくりと療養したい日々なのです。一時間ほど姉妹三人でおしゃべり、
先週聞いた話、義兄が姉に「どんな色が好き?」と唐突な質問をしてきて、
「何でかなあ?」と、「結婚して何色が好きかなんて聞かれたの初めて」
と不思議がっていました。「一応ピンクかなあと言ったけど」
それを聞いて「ピンクのダイヤでも買ってくれるんじゃない?」
「それとも古くなって、鍵もかかりにくくなっていた玄関ドアを新しくしたり、
狭いトイレや洗面所をリフォームしてくれたりして・・。」と言っていました。
築40年近い一戸建ての建売住宅の姉の家なので・・・。
すると、やっぱりトイレをストーマ対応にリフォームしたのだそうです。
義兄の弟さんが広島で自営で水回りの工事店をしていて、姉の事を知り、
トラックに工事に必要な材料一式積んで一人で奈良まで来てくれたのです。
職人さんはいないので義兄が手伝い、数日間工事の日々だったそうです。
外食の嫌いな弟さんに三食用意しながら、慣れない助手をつとめた義兄。
勝手口の物置を処分して増築して、トイレを広くしたのだそう、さすがプロ。
病院にも毎日のように顔を出して大忙しの義兄だったのです・・・。
義兄も姪も来れない日は、ヘルプのラインで私も病院に行っていましたが、
義兄も忙しいんだなあと理由も知らずにいました。言ってくれたらいいのに。
ふだんはあまり感情を出さない余計なことは話さない義兄、見直しました。
ちなみに一部の壁のクロスにピンクを使ったそうです。
口出しはしないまでも姉の手術後に気になってネットで調べていた私、
「業者に頼むと〇〇万円はかかるよ」と思わず言ってしまいました。
主人やだったらきっと思いつかないなあ、むしろ私が必要と思ったら、
役所の手続きや、資金の捻出、工事の打ち合わせや注文をして、
「工事の日はちゃんと家にいてね!」と、言ってしまいそうです・・・。
体調が悪化したら現実には無理かもしれませんが。
[2018/06/10 21:34] | 姉妹 | トラックバック(0) | コメント(2) |
お墓参りへの道
15285863470.jpeg15285479610.jpeg

2018.6.9
義父母の亡くなった六月。が一才の時に義父、三才の時に義母が。
二人がおなかにいたころには義父母とも車いす生活を送っておられました。
二人が生まれた時には車いすで病院まで顔を見に来てくださり、
その後、主人の実家に訪ねた時は笑顔で二人を両手に抱いてくれました。
京都のお寺にお墓参りに来ると、新しい花が飾られていて、お墓もきれい。
また出遅れてしまいました。義姉にメールして「どなたか来られて」と言うと、
「私でーす、お会いできなくて残念」と返信来ました。主人に「帰りに寄る?」
と、聞いてみると「今日は疲れた・・・、帰って寝たい」と残念な言葉・・。
確実に座れる準急でゆっくり帰宅しました。桂の駅からバスですぐのお寺。
主人は、乗り換えは何番線?とかバスはどこから乗るの?道を忘れた様子。
30年近くお参りをしているお寺の墓地への道、忘れたのかしら?
ちょっと不安になった日でした。帰宅後ににラインすると、
「二月に行った時は車だったからじゃない?」と、そうかなあ?

1991.6.11
【1才3か月の頃】
『首筋にもうあせもが出来ています。とくに頭によく汗をかくので髪の毛がびっしょりになってしまい、見た目もすごく暑そうです。日曜のおじいちゃんのお葬式の時は、膝の上でずっと大人しくしていて、親戚の人も感心するほどでした(も)母』
T保育園の保育ノートより
[2018/06/09 23:59] | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR