FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
実家跡
15963226590.jpeg15963232830.jpeg15963226190.jpeg15963226290.jpeg

2020.8.1
が「おばあちゃんの住んでた家を見に行きたいなあ」
「小さいときは駅の長い階段を降りて歩いた記憶しかない」
と、言い出したので、私も久しぶりに行きたくなり、賛成。
三階建ての連棟の店舗兼住宅。もう築50年にはなるのでは。
母が70才過ぎまで一人で商っていたレコード店を20年近く前、
ギャラリーと喫茶にしたいと言う女性に売って母は私の住む町に、
引っ越してきました。それ以来、ほとんど行っていなかったです。
クリニックの診察帰りのと京橋で待ち合わせて、準急で12分。
こんなに近いのに。駅から歩いて約10分の実家。車の通る道を、
避け住宅街の細い道を歩き、
くねくねしたその道もの記憶には無かったようです。
保育園か小学校に入ったばかりの頃が最後だったかもしれません。
建物はまだありました。理容室、ギャラリー、カラオケ喫茶は、
いつのまにか建設会社の事務所に、歯医者さんは美容室に。
古い店舗ビルはまだ健在でした。一番暑い午後の2時から3時、
歩き回ってしまいましたが、また京橋でかき氷を食べて休憩。
は白桃の泡ヨーグルトかけ、私はほうじ茶のかき氷、
主人はめずらしくシフォンケーキセットのホットレモンティー。
実家の近くに可愛いハトの瓦が。昔からあったのかしら。
[2020/08/01 23:59] | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<六甲高山植物園に | ホーム | マスク>>
コメント
こんにちは。

懐かしい思い出の実家の散策
良い時間になりましたね。

かき氷がめちゃ美味しそう♪
[2020/08/02 09:09] URL | さくら #- [ 編集 ]
さくらさま、いろんな知ってる店、そこにあった建物が無くなって、活気がなくなっているように感じてさびしくなりました。世代交代ができず、高齢化している、そんな印象でした。実家の後のギャラリー&カフェで一度コーヒーを飲んでみたかったけど、すでに閉店して売りに出てました。遅すぎました。

[2020/08/02 19:48] URL | たんぽぽ・ママ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/3062-1edc342c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR