FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
感謝です
15911342720.jpeg

2020.6.2
私は自分ではかなり健康なほうだと思っていて、
小中学生のころは、しばしばグランドでの朝礼などでは、
貧血を起こして、保健室で横になったりはしましたが、
大人になると、ほとんど問題なく働いていました。
結婚五年後に、自然に双子のを授かったときには、
二人の姉たちと同じように、元気な妊婦になれると、
のんきに構えていたら、自覚のないまま、切迫を繰り返し、
妊娠中の6ヶ月間は入院生活になりました。生まれて初めて。
そこで出会った医師や看護師さんの仕事に対する真摯な姿勢、
優しさを常に感じました。退院してはまた入院、そのたびに、
「おかえりなさい☺️」など。外泊するときは守衛さんに、
「気を付けて、ちょっとでも気になったらすぐに帰っておいで」
帰れば、私は「ただいまー」「お帰りー、大丈夫やったかあ」と。
医師が真剣に診ているのは「こどもたち」私はあくまでも母親。
見守られながら、自然分娩で二人を出産することが出来ました。
五年前に乳ガンの手術をしたり、抗がん剤や放射線治療中も、
体調を崩した日に診察まで処置室のベッドに横にならせて下さり、
見てくださってると感じました。医療従事者の方は優しいです。
今年の入院手術の時も、女性ばかりの医師や看護師さんの、
フレンドリーな雰囲気の中で、穏やかに過ごしました。
母がグループホームで早朝に突然倒れ、始発電車とタクシーで、
奈良の病院に駆けつけたとき、娘たちがそろうまでの時間、
心臓マッサージを続けてくださった医師や看護師さんの姿。
もう、感謝しかありません。
[2020/06/02 23:59] | 入院・通院 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<お墓参り | ホーム | サプライズ花火>>
コメント
 何度もの入院生活でたいへんなご苦労があったのですね。でも、その中で親身に心配してくれる医師が看護師さん達に出会って、心強かったのでしょう。

 困っているときの優しさは身に染みる程のうれしさだったでしょう。人生の中でステキな人に出会う事、
何物にも代えがたい体験です。大切にしたいですね。
[2020/06/03 08:12] URL | マーニ #4bWz8s1g [ 編集 ]
マーニさま、お腹の子供の命の危険があったときはさすがに辛かったですが、それも思い出になり、医師や看護師さんに対する感謝になりました。身体が辛いときの優しさは本当に嬉しかったです。
[2020/06/03 21:29] URL | たんぽぽ・ママ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/3001-240fee0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR