FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
ケアマネさん訪問
15341783010.jpeg15341783190.jpeg

2018.8.13
お盆休みの会社の多い今週、自転車で通勤する道も人通りは少なく、
毎朝行く喫茶店も三日間は9時半オープンなので、別のお店に。
新しいセブンイレブンは、一階の日当りのいいカウンターがあるので、
明日はそこに行こうかな?二階にイートインのあるファミマは、
膝を悪くしてからはこわくてめったに行きません・・・。
出勤の人も少な目で、お客様も少ない一日でした。
今日はケアマネさんの訪問なので、勤務後は急いで帰宅。
リビングにあわてて掃除機をかけて、周囲を片付けたとたんにチャイムが。
ケアマネのKさん、今日はめずらしく黒の服装で、何だか疲れた様子。
お話しているうちに、今月のはじめにお父さまがお亡くなりになって、
バタバタされていたと知りました。82才、今では若い方ですね。
「あと、二年くらいは大丈夫と思っていたのですが」と突然だったご様子。
ベテランのケアマネさんの娘さんにお世話してもらえてよかったのでしょう。
「やつれてましたかあ?すみません」と笑顔で帰って行かれました。
「お元気なのでデイケアは必要ないと思われているかもしれませんが、
たとえ月に一回でも行ってくださいね」と。今週は行ってくれるかなあ?
からは竜飛崎の風景がラインで来ました。

1994.8.18
【4才5か月の頃】
『11日の夜からが熱を出したり、その後元気かなと思ったら、また39度前後の熱だったので、あまり遠出もせず、14日は主人の実家に行き、15日は私とと二人で私の実家に行きました。仏壇に供える花を買ったら「ケイトウ」を一輪おまけにくれたのではそれを手に京阪電車に乗り、一人のせいかけっこう大人しくしていました。帰りに二人で、かき氷を食べ「内緒ね」と言いながら帰りました。帰宅後、主人に二人を見てもらって買い物に行ったのですが、家に帰ると二人がいないのです。お父さんが「そこまで迎えに行ったよ」と言うのですが自宅周辺にはいなくてあせって探したら、スーパーのお菓子売り場で二人仲良くお菓子を見ていました。夜の八時の真っ暗な中を二人だけで、よく車の事故もなく行ったものだとゾーーッとしました。もう二人だけで行かないと固く約束させました。母』
T保育園の保育ノートより
[2018/08/13 23:59] | 家で | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<保育園 | ホーム | 次姉宅へ>>
コメント
竜飛岬の写真をおくってくれるとは、優しいお子さんたちです。嬉しいですよね。私も、娘が写真を送ってくれると嬉しいです。先日は、動物園に行ったそうで、虎にエサをやったり、首に大きなヘビをまきつけているのをおくってくれました・・・笑
4歳5か月のお話、ハラハラされたでしょう。事故なく良かったです。娘たちは子供だけで行動する子たちでなく、いつもアタシにべったりで、そういう経験はありませんでした。鉄砲玉のように行動する今からは考えられません!笑
[2018/08/14 15:13] URL | きたあかり #- [ 編集 ]
一応、生存報告やと言ってます。心配性の私のために。次男は車の運転大好きです。そして灯台と展望台も。写真楽しみにしています。動物写真もいいですね。保育園ノートに感想ありがとうございます。二人でなら強気で、心配しました。中学生くらいになると、「夜の散歩、会議」と言ってなかなか帰らずそれも心配でしたが、たぶんただ二人きりで話すのがストレス発散だったみたいでした。
[2018/08/14 23:50] URL | たんぽぽ・ママ #IUc1ipe6 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/2329-7c221142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR