FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
図書室
NEC_0755.jpg

2012.10.31
明日から11月。夕食後に睡魔がおそってきて熟睡してしまいました。
午前零時を過ぎていますが日付は10月で・・・。
しばらく西三荘という駅近の企業内で働く
大企業の雰囲気はどう?と聞くと
「門から自分たちの部屋に行くまで10分かかるし、ありえへん」
「工場だから、建物が味気ない・・・」
「食堂は近代的で種類が多くていいな」等々。
「オレには大企業むいてないなあ」とも言っていました。
は「自分は大学時代に哲学の本をいっぱい読んだから、
物事をプラス思考にかえられる力を手に入れた・・・。」と。
本当かなあ?


【小学校の図書室】
私は本の好きな子だったので、図書室の図書カードは貸出記録が増えてカード更新して何枚目にもなっていたのをに自慢げに話したりしていました。は同じ本を何回も何回も借りることが多く、その一つが宮沢賢治の「よだかの星」いじめられ名前をうばわれそうになり嘆き苦しむよだかの姿と自分の何かをかさねあわせたりしていたのかなあ?毬谷友子さんの朗読劇「よだかの星」を一心寺シアターに観に行く機会があり、三人で出かけました。涙をティッシュで拭いていたでした。のんきな私には気付けなかった辛いことがあったのか、何でも話せる双子の兄弟同士で打ち明けあっていたのかもしれないです。
[2012/10/31 23:59] | 小学校 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<旅をする木 | ホーム | 毎日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/207-c4390e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR