FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
月夜の宴
15092544160.jpeg15092545550.jpeg

2017.10.29
昨夜の事ですが、隣の市の老人ホームの慰問のコンサートに参加しました。
病院や保育所も併設の大きな施設。最寄り駅まで車で迎えに来てくださり、
会場に着いたのは各フロアで歌う予定の30分前。急いで衣装に着替え、
台風の影響で雨にぬれたり風に吹かれた髪やお化粧をチェック。
控室は保育室。床暖房のフロア、小さな可愛い椅子やテーブル、トイレ。
二つのチームに分かれ、2階から上に、8階から下に、フロアの食堂で、
リーダーのあいさつの後「瀬戸の花嫁」を歌いました。笑顔の入所者さん。
亡き両親くらいの年齢の男性を見ると父、女性を見ると母の顔が浮かび、
その後、一階の「月夜の宴コンサート」と飾りがつけられた会場で、
まず、入所者さんと「シャボン玉」や「みかんの花咲く丘」を歌い、
流行歌メドレーで「リンゴの唄」「とんがり帽子」「高校三年生」を。
また、入所者さんと「浜辺の歌」や「故郷」。コンクール曲を一曲。
この日で異動されるという施設長さんにサプライズで「上を向いて歩こう」
笑顔あり、涙ありのひと時でした。足や膝はがちがちでしたが楽しかった。
東北の震災のあった年に歌ったきりの意外とパートが難しい流行歌メドレー、
練習は一日だけ、四苦八苦して、結局ちゃんと歌えなかったので、
はた迷惑かもしれなかったですが、思い切って参加に手を挙げてよかった。
9時過ぎに帰宅すると、主人とが夕食の最中、私の分もありました。
夕食は要りませんとは言っていたのですが・・・・。
がいてくれたので安心して遠出出来ました。
[2017/10/29 14:28] | コーラス | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<座る | ホーム | 一緒に>>
コメント
たんぽぽ・ママさん、こんにちは

こういう時治君がいると助かりますね
薫子は、父の時ヘルパーさんのお世話になり
随分助けられました
でも、一番大きかったのは幼稚園児のお兄ちゃんでした^^
[2017/10/29 16:36] URL | 薫子 #- [ 編集 ]
薫子さま、幼稚園児のお兄ちゃん、お祖父ちゃんのお世話をされてたんですか?でもお孫さんの前ではシャキッとされたんでしょうか?大変な時期にお兄ちゃん頑張ってくれたんですね。息子はただ居てくれているだけで、それでも心強いです。
[2017/10/29 20:23] URL | たんぽぽ・ママ #IUc1ipe6 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/2033-01fa00ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR