FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
茜屋珈琲
DVC00035.jpgDVC00031_20121014162956.jpg


2012.10.14
健康保険が、今の仕事の勤務時間が増えた関係で、
会社の健康保険に加入になり、
国民健康保険の喪失届を出しに区役所に行きました。
金曜日だけは区役所の窓口が午後七時まで開いているので、
仕事を休む必要もなく手続き出来ました。
私の保険料はいくらになるのかまだわかりませんが、
私が国保から抜けても、主人の保険料が半分になるわけではなく、
むしろ負担が増えるだけですが、
その分勤務時間が増えて収入もわずかに増えるし、
そもそも10才年上の主人はもう年金生活の中で、少し嘱託で働く身。
高校を卒業してから誰の扶養家族にもなったことがない私、
これで頑張っていきます。
主人と私、、家族4人がそれぞれ自立しているのもいいのかな。
今日は家でゴロゴロしているつもりが、
日曜出勤したが早く帰ってきたので、
梅田でランチ、しかもタクシーで行くとそそのかされて、重い腰を上げました。
帰りははヨドバシへ、私は主人と茜屋珈琲へ、
ブレンドは苦味が強いのに後味がすっきり、美味しい一杯でした。


1990.5~6月
【生後2~3か月の頃】
保育園からを連れて帰宅すると早くても六時半は過ぎていました。ちょうどミルクの時間で家に着くころには二人そろって催促の大合唱という日も多く本当に困りました。一人だとベビーカーから抱き上げてあやすことが出来ますが、二人だと、もうひたすら家路を急ぐしか無いですから。それぞれにあまり出ない母乳を含ませてからミルクを飲ませ、一息つく間もなく一日分のオムツや着替えの洗濯をし、お風呂の支度をして、湯冷ましか果汁(ずっと粉末でした)を用意してから一人ずつ入浴させ(バスローブでウロウロ)9時頃ミルクの後に二人が眠ったら、やっと夕食の支度にかかるという毎日でした。主人はだいたい10時過ぎないと帰ってこないのであまり当てに出来ませんでした。もう疲れてしまって夕食をつくるのも食べるのもパスして眠ってしまう日も多かったです。主人は残業の前に軽く食べていることが多かったので、もういいやという気持ちが夕食より睡眠という方向になっていたのです。これも子供が双子だけだから出来たのであって、もし上に小さい子供がいたら、とても長続きしなかったでしょう。
次回に続く
双子サークルの会報より
[2012/10/14 16:36] | 共同保育所 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<大急ぎでバラ園に | ホーム | 家に引きこもり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/190-d573d1fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR