FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
骨折
NEC_0773.jpgNEC_0271.jpg

2012.10.12
昨日の深江の風景で思い出しましたが、
阪神大震災では被害の多かった地域です。
高速道路が倒れたのは、この近くと聞きました。
職場のすぐ近くの小学校は避難所だったそうです。
その影響か踏切の手前の道路のアスファルト部分が、
波うつようにでこぼこになっている部分があって、
そこを通るときあぶないなあと思いながら気をつけていました。
なのに、ある日、昼食の買い物に駅前に出かけたときに、
つまづいてころんでしまったのです。
無意識に左手をアスファルトに着いたとき「ペチッ」という音が。
ひざもかなりすりむいて血だらけ、ストッキングははでに破れ、
コンビニの買い物はお弁当とウェットティッシュとストッキング、
大きなバンドエイド・・・。
午後にずっと痛みが引かず、夜に整形外科に行くと、
関節部分にひびがはいっていて「骨折」でした。
「突き指ですよね?」「いいえ、折れてますねえ。」
で、1か月ギブスをすることになりました。
幸い左手だったので何とか仕事の端末作業や、
その他の仕事には大きな支障はなかったのですが、
4か月の深江での勤務期間のうち半分くらいは不自由な状態でした。
その後、ギブスがとれてすぐに神戸の元町に異動したのですが、
異動間もなく今度は、自宅近くで自転車で転倒して、
左の肋骨に「ひび」一応骨折でした。
三か月の間に二度骨折するはめになりました。
勤務中ではなかったので労災もおりませんでした。
左手はギブスを長くしていたおかげで指がなかなか伸びず、リハビリ。
肋骨はコルセットで固定するくらいしかなく、
走り回っての仕事はけっこう辛いものでした。
はこの時期大学受験で、
あちこち見学や推薦入試に遠方にも行ったので、
私も付いて行ったりのハードな日々でした。


2007.秋
【大学受験の頃】
も推薦入試で受験したのですが、「面接」は緊張する難関だったようです。それでも、は少しつじつまが合わないこともありながら、何とか終わったらしかったですが、はまったく想定していなかった質問があり、頭が真っ白になってしまい、絶句して、悔しい結果になった大学もありました。面接だけが原因ではなかったかもしれませんが。面接って緊張しますよね。


[2012/10/12 23:51] | 高校 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<家に引きこもり | ホーム | 深江>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/188-603d06bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR