FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
ドラマ
20151106054539566.jpg

2015.11.6
ドラマ「コウノドリ」を見ていて涙があふれました。
妊娠21週で破水、切迫早産、絶対安静の入院。
でも、23週での出産になり、赤ちゃんは450グラムの超未熟児。
NICUでの両親の見守る生活が始まりました。
もこれくらいの時期に同じ状態になりました。
首も上げられない寝たきり生活の中、何とか持ちこたえて、
二か月後に退院してから、予定日の数日前までおなかにいてくれました。
その時期、病棟の別の部屋に同じような週数の双子のお母さんがおられて、
その赤ちゃんは、生きて生まれてこれなかったと、あとで聞きました。
実は予感はありました。夜に破水した日、ずっと続けていた朝の検温で、
急に基礎体温が下がって、不安になり産婦人科の診察を受けていました。
順調ですよ、心配ないですという主治医の言葉に安心して、午後から出勤。
その夜に救急車のお世話になる事態になりました。
「おなかの赤ちゃんは、もう助かりません」
「胎盤の位置に問題があるので、K医大で処置してもらってください。」
と言われ、その夜は何が悪かったのかと、病院のベッドで泣き明かしました。
本当に、お産に絶対の安全はないし、どの子も生まれてくるのは奇跡です。
[2015/11/06 23:59] | 誕生 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<シャンプー | ホーム | ビーフシチュー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/1307-ef3a42cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR