FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
人形ケース
20150222182514849.jpg20150222182448293.jpg

2015.2.22
ずっと気になっていた一つ。
結婚した時にお仲人さんからいただいた日本人形。
本体のわりにケースが大きくて、が生まれてからはあちこちに移動。
今は、寝室のベッドの近くに置いているのですが、
その場所に、今使っていないテレビとCDコンポを置いて、
早朝のニュースを見たり、音楽を聴いたりしたくて、
リビングボードの上に置きやすい大きさで買い替えようと、
寸法を測り、松屋町へ!
松屋町駅の通路に「人形とケース」と広告の出ていたお店にまず直行。
大きなお店だと、ひな人形の季節、聞きにくいかと・・・。
入るなり、若い男性の店員さんに用件を話し、おすすめのケースを。
でも1万1千円と聞き「もうちょっと安いの無いですか?」と大阪のオバサン。
すると、店頭販売で「市松人形」の入っているケースで、一か所傷のある、
でも全く問題のないものを見せてくださいました。サイズもピッタリ。
「これって・・いくらですか??」と恐る恐る聞くと、
「社長に確認しますねー」「3千円です」「じゃあこれで!!」
あっという間に決まってしまいました。
「人形ケースの専門の職人さんが高齢で廃業されてしまって、
もう修理や手直しを頼めなくなってしまったんですよ。」
と言われていました。
もともと30年前の人形、サイズの合ったケースなら問題ないと思って。
松屋町のビルの大きな金太郎さん。


【端午の節句】
が生まれて、初節句に、主人の両親から「鯉のぼりを買いなさい」とお祝いを頂き、私の母からは「熊のり金太郎」さんの博多人形を。鯉のぼりは中学生になった頃に地域のイベントで使用するため古くなった鯉のぼりを求めている声に応じて寄付、金太郎さんは今はクローゼットの中に眠っています・・。

[2015/02/22 19:04] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<春の気配 | ホーム | 予約>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mypj.blog.fc2.com/tb.php/1042-ca472b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR