FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
お薬
71qxq_SG6DL__SL1000_.jpg

2019.11.29
今日は勤務後に京阪特急に乗り、京都に向かいました。
16時30分、車内はまだ空いていて余裕で座れました。
二日も続けて夜遅く帰るのに、主人の内科の薬がもうない。
ここ5年くらい病院にはいつも一緒に行っていたのですが、
三日間薬なしでは少し心配。血圧、糖尿病、・・・。
けれど、音楽会もキャンセルできないし。
「お父さん、薬が無くなったけど、一人でK内科に行く?」
と聞いてみると「いいよ」「お金は?」「健康保険証や、
お薬手帳のケースに一緒に入れてるよ」A6のジッパー付きの、
クリアーケースにいつも一か月分の医療費相当を入れているので。
主人は青、私は赤。どちらも月に一万円入れて、余ればランチに。
「ごめんね一緒に行けないけど」職場に着いてからもライン。
昼の休憩が11時からだったのでもう一度ライン。
「K内科に行った?」「??行ってないよ」「お薬がないから、
今日は昼間に行ってくれない?ケースはテーブルに置いてるよ」
「わかった、行くわ」「ごめんね」勤務後にまたライン。
「K内科に行った?」「行きました。薬ももらっています」
ああ、よかった。夜の京都での練習、帰宅して見ると薬があり、
ホッとしました。今日はスマホを見てくれたので成功。
が大阪にいたら、土曜日について行ってもらえたのですが。
ひとつ言い忘れていたこと。「年明けに来ますので薬を多めに」
認知症と泌尿器科は40日分お願いしたのですが、内科の薬は、
きっちり30日分でした、言い忘れた・・・。
[2019/11/29 23:59] | 主人 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR