FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
おなかいっぱい
15733454290.jpeg15733454420.jpeg

2019.11.9

9月に予約していた健診に主人と出かけました。
特定健診の主人、けんぽ協会の健康診断の私。
仕事とコーラスの練習の休みの今日の同じ時間にしました。
8時半の予約に合わせて家を出て、ぴったり8時半に着き、
受付に二人分の必要な書類を出して。ちゃんと書いたつもりが、
いつもどこかしら書き漏れがあり、書き足して受付終了。
ソファに座って待つ間にこっそり「主人は軽い認知症があります。
一緒に回りたいのでお願いします」と受付の女性に。
二人分のカルテの入ったファイルをクリップではさみ、
「ご一緒に回られます」とメモを張り付けて下さり、
更衣室で着替え、検尿したら、所定の場所にコップを置いて、
ファイルを受け取るときの番号札を渡されました。
去年はこれを主人がなくして右往左往したのですが、受付の方は、
「じゃあ、二人で一枚お渡ししますね」「ありがとうございます、
去年はなくして困ったんです~」ホッとして着替え、コップを、
所定の場所に置き、なかなか出てこない主人を待っていると、
別のスタッフの方が「どうされましたか?」と声をかけて下さり、
待つこと10分位でやっと主人が出てきました。
「ロッカーの鍵の番号をお願いします」と言われると、
「あれ、どこに入れたかな?」とポケットを探す主人、
更衣室に戻り、長ーい間待つと、やっと戻ってきました。
かけ忘れていたのかしら?男子更衣室にはさすがに入れないし。
こんな時にがついてきてくれたら助かるのになあと。
特定健診の主人は項目が少く、レントゲンがないので、
検査着がなく、私は胸部と胃部のレントゲンがあるので検査着姿。
「ボクは着なくてもいいの?」と不安そうな主人。
「私はバリウムがあるから!お父さんはないから安心してね」
主人がバリウム検査や、大腸内視鏡などをすることになったら、
大変だなあと考えてしまいました。各種検査を終了して、
帰り道はまだ10時過ぎ、モーニングを食べたけど、どうしても、
ラーメンも食べたかった私、以前と入ったことのある「翠蓮」
という中華料理屋さんで「あっさりラーメン」を食べて、
無事に帰宅しました。歩数は13810。けっこう歩けました。
[2019/11/09 23:59] | ランチ | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR