FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
姉宅へ
15403848470.jpeg

2018.10.24
明日は平成15年に亡くなった母の命日だったので、次姉の家に。
主人はデイケアも行かず、ベッドの中で「行ってらっしゃい」と。
つい最近のような気もするのに、もう15年も経っていました。
が中学2年生の時ですから、早いものです。仏壇に手を合わせ、
オレンジと黄色のガーベラや、薄紫のトルコキキョウ、ピンクと白の菊、
可愛い黄色のオンシジウム、大き目の花瓶にカラフルに生けました。
義兄の用意してくれたお鮨やビールでついつい長居をしてしまいました。
姉が駅まで車で送ってくれて、途中でまたお茶をしておしゃべり。
カフェにかわいいハロウィン仕様?のパンがありました。
9時過ぎに帰宅すると、主人は機嫌よくコーヒーを入れてくれました。

1990.10.25
【生後7か月の頃】
『公園の砂場の前でひなたぼっこ。ここは真冬でもポカポカしています。ちゃんに「おいで!」と手まねきすると大急ぎではいはいでやってきてくれます。食後ひとあそびしてから、「絵本読むよ」と開くと、保母の身体に寄りかかって絵本を真剣にのぞき込んでいました。保母』
ちゃんのそばに寄っただけでも、もう抱き上げてもらえるという期待の目で身体をゆすって催促。動きが上へ上へと行き、すぐに保母の身体や柵につかまり立ちしてしまいます。すべり台を出すと斜面を手を交互に出して這いのぼっているのですが、ひざが伸び、もう高這いのぼりになっています。保母』
たんぽぽ共同保育所の保育ノートより
[2018/10/24 23:22] | 共同保育所 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR