FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
アラビク
15352917140.jpeg15352916730.jpeg15352952140.jpeg15352952410.jpeg

2018.8.26
しばらく、日曜もコーラスの練習や本番で家を空けることが多かったせいか、
「今日はコーラス?」と何度も主人に聞かれました。
ひょっとして、私がいない方がのんびりできるやと思っているのか。
朝食を食べると、ベッドで寝ている主人に、
「美味しいコーヒー飲みに行かない?」と誘ってみると、今日は乗り気。
ふだんは行かないところがいいなと、本棚のLマガジンの「コーヒーの本」を、
見ながら決めたお店、中崎町の「アラビク」13時半に開店なので、
先にうどんでも食べようと12時に出かけました。うどん屋さんを出ると、
「じゃあ、お母さんとはここでお別れやね」とにっこり言う主人。???
「アラビクに行こうって話してたんじゃ」と言うと「何それ」と、いつもの会話。
うどんを食べているうちに、お昼を食べたら私はコーラスに行くと思ったのか。
天神橋商店街を歩き、天五中崎商店街を抜け、横断歩道を渡って、
少し迷って、やっと「アラビク」に到着。入り口からすぐの空いた席に。
店内には所狭しとかなりこだわった本やアート作品が並び、
畳のスペースには人形作品が。コーヒーが来るまで靴を脱いで上がり、
しばらく鑑賞・・・。かなりテンションの低い女性が注文を聞いていて、
コーヒーは店主さんらしき男性が運んでくれました。
主人はストロング珈琲、私は季節の珈琲をゆっくり飲んで小声で話を。
かなり暗い照明なので、老眼では店内の本も見れない・・・。
珈琲はとても美味しく、ブラックで頂きました。中崎町界隈をぶらぶら。
あまりの暑さに、またまたかき氷のお店に入ってしまいました。
天五中崎商店街のかき氷の有名店らしき所は行列・・・、
天四の「咲良」はラッキーにも空席があり、やっと座ることが出来ました。
主人は宇治金時、私は黒蜜きな粉。ふんわりとした美味しいかき氷、
頭が痛くなることもなく、崩さないように気をつけながら頂きました。
にラインで送り「いいな、今度行こう」と。でも帰るの9月末では。
[2018/08/26 23:57] | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR