FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
小姑
DSCF0997_convert_20130316180727.jpg

2014.2.18
今日、昼休みにお弁当を食べていて、
「小姑」に悩まされているという話で盛り上がっていました。
40才前後の彼女たち、「お母さんの傀儡なのよね」
「とにかくやることなすこと嫌味」
「独身で仕事ではバリバリ優秀だと思う」
「気を遣ってメールしても、返事来ない、
でも向こうからのメールに返信しないとこてんぱんにやられる」
「主人に私の悪口のメールをする」等々。大変なんですね・・・。
「私、小姑いないのよ、主人は男4人兄弟だから、しかも四男だし」
「えーっ、最高ですねー」
結婚して5年間子供に恵まれなかったときも、
姑からも面と向かっては何一つ言われなかったし、
主人の兄嫁さんもみなさっぱりしていて、
干渉されたことも、指図をされたこともないし、
働いていたので近所づきあいもママ友つきあいもうすく、
ほとんどトラブルの経験なし。
こんな私、仕事をやめたらどうなるのだろうとたまに不安になります。
は相手にしてくれないでしょうし。


1992.3.4
【2才になった頃】
は朝、より早く起きてきたので「ちゃんをトントンして起こしてきてね!」と言うと、「・・・なー、・・・ねー」といっしょうけんめいしゃべっているので??と思っていると、お父さんが「今行ったけど起きない」と言っているんだろうと「通訳」してくれました。母』
は夜とんねるずの出ているテレビで歌と踊りに合わせていっしょうけんめい踊っていました。朝は二人でおしゃべりしながら朝食を食べています。お父さんが横に座るととってもうれしそうです。母』
T保育園の保育ノートより

[2014/02/18 23:41] | 保育園 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |
カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR