私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育てでした。2012年春、息子たち(兄・平、弟・治)は大学を卒業して社会人になりました。
至福の時
14978268940.jpeg14978269130.jpeg14978269310.jpeg14978269430.jpeg14978269560.jpeg14978269770.jpeg

2017.6.19
昨夜、と話していて、「子どもの時の幸せ~と思った記憶は、
夏お風呂上りにキンキンに冷えた布団に転がった時!」と意外な言葉。
小学生の時に住んでいたマンションは、エアコンが一台しかなかったので、
夏はエアコンのある部屋で家族で寝ていました。
がお風呂に入っている間に主人が布団を早めに敷いて、
冷やしてくれていたのです。エアコンの風で冷えたお布団に、飛込み、
幸せを感じていたそうです。「あ、おたふくかぜの時にお母さんが、
うどんを食べさせてくれた時もうれしかったよ」と付け加えてくれました。
主人って本当に優しい人だなあってあらためて思いました。
須磨の展望喫茶「コスモス」のメロンソーダと、
「THOOTHTOOTH」のケーキと紅茶。美味しかった。
[2017/06/19 23:59] | 想い出 | トラックバック(0) | コメント(0) |
金太郎
14939873120.jpeg14939873260.jpeg14939873460.jpeg14940271390.jpeg14939873940.jpeg

2017.5.5
最近は、こいのぼりを立てている家はほとんど見かけません。
近所のマンションを見上げても皆無。公園に見かけたりはします。
奈良にJRで出かけた時にも、車窓から見かけたのは数えるほどでした。
TVのニュースでも、今はコンパクトな武者人形が人気だと伝えていました。
が生まれて、主人の両親はこいのぼりを、実家の母には、
「熊乗り金太郎」の人形を買ってもらいました。
武者人形は、当時は何か戦争につながるようなためらいがあって、
あえて、金太郎さんに。小さいけれど高級な博多人形の鯉に乗ったもの、
大きな熊に乗った金太郎、私は小さいのが良かったのですが、
スポンサーの母に決めてもらって大きな金太郎さんにしました。
今でもあの小さな方が良かったかもと思います。色が美しかったです。
朝から中之島公園のバラ園に自転車で主人とと三人で出かけました。
まだ咲きはじめでしたがお祭りでたくさんの人でにぎわっていました。
気温も上がりすっかり日焼けしました。
[2017/05/05 23:59] | 想い出 | トラックバック(0) | コメント(2) |
旅先で
FB_IMG_1493848716963.jpg14938104120.png14938103370.png14938103790.png14938105700.png


2017.5.3
今日は主人の認知症専門クリニックの予約の日。祝日ですが診察日。
若年性認知症と軽度の認知症の方対象のディサービスの紹介があり、
でも、主人がすんなり行くわけもないでしょうから、心が沈みました。
絵のお友だちの招待状があり、午後は天王寺の美術館で、
水彩画を鑑賞しました。よく晴れた天王寺公園はたくさんの人でした。
の旅先の画像、新潟から東北、千葉、東京、横浜、そして富士山付近。
連休を十分楽しんで、と兄弟でひたすら話をして、いい思い出だなあ。
上の姉が高校を卒業して銀行に勤めていた頃、入院中だった父の代わりに、
高校の入学祝に腕時計を買ってくれたり、旅行に連れて行ってくれました。
六才年上なのに、「友達?」と聞かれて喜んでいた姉。
顔は似ているのに、明るい色の似あうほっそりした姉、地味な色が好きな、
けっして細くはない私。いまだに姉が「妹さん?」と言われてご満悦です。
姉と行った山口の湯田温泉、秋吉台、信州の新穂高温泉、上高地。
今もなつかしい思い出です。
[2017/05/03 23:59] | 想い出 | トラックバック(0) | コメント(2) |
鯉のぼり
DSCN1168.jpgDSCN1160.jpg

2017.4.24
夕食の時、テレビを見ていると、どこかの地方の川で、沢山の鯉のぼりが、
青空と川を背景に色とりどりに泳いでいる光景が放送されていました。
が小学生になり、マンション用の少しコンパクトな鯉のぼりを、
今年も出そうかどうしようか悩みだしたころ、主人の次兄の奥さん、義姉に、
「鯉のぼりって、いつ頃まで出してました?」と聞くと、
「息子が、鯉のぼりを見て喜ばなくなったら、やめ時じゃないですか」と。
と、いわれ、何となく納得。新聞のチラシで、
「不要になった鯉のぼりを、イベントで使用しますので、寄付を求めています」
というものを見て、主人とに相談して、寄付することにしました。
スーパーのコーナーで申し出て、鯉のぼりの本体部分だけを渡しました。
あの、鯉のぼり、今でもどこかの空で泳いでいるのかとふと思い出しました。
四国旅行で見かけた鯉のぼり。大歩危の風景。
[2017/04/24 23:59] | 想い出 | トラックバック(0) | コメント(4) |
ドアの鍵
DSCN7928.jpgDSCN8145.jpg

2017.4.13
先日、帰宅して鍵を差し込んでドアを開けようとすると、開かない・・・。
何度かガチャガチャしてみるも開かない。ぎょっとして表札を見上げると、
確かにわが家。階を間違えたかと思いました。
主人が物音に気が付いて開けてくれました。
どうも私の鍵の差し込み方が弱く、ちゃんと入っていなかったようでした。
ホルモン治療剤の影響で指の関節が痛んでいるせいか。
落ち着いてゆっくりやってみると大丈夫でした。
旧式の鍵だし、防犯の効果もあるから新しいのに換えた方がいいのかも。
が中学生の頃、認知症が進行していた母を同じマンションの二階に、
呼び寄せ、四階の自宅とを非常階段で何度も何度も往復していたころ、
うっかりして三階の部屋のドアの鍵穴に鍵をさし、「あれ?開かない」
と、何度かガチャガチャしてしまいました。はっと気が付いて赤面。
顔を知っているその部屋の住人の方は留守で、ほっとしました。
何度も往復して疲れて、エレベーターで二階から四階に上がったとき、
たまたま一階から乗った人と一緒になり、私が四階のボタンを押すと、
それを見た男性、恐い顔で「階段使えや!」と怒鳴ったのです。
小さくなって、降りた後、涙が出そうになりました。
そんなことを思い出してしまいました。
[2017/04/13 23:59] | 想い出 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
30年勤めた会社を2011年に退職 
現在パート勤め

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR