私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
震災の頃
15161997620.jpegDSCN8948.jpg

2018.1.17
今朝、目が覚めて、ラジコをつけると、ああ、今日は阪神大震災の起った日。
はまだ4才だったんだなあと。テレビでは東遊園地での追悼の風景。
東遊園地の近くで数年働いたのに、足を踏み入れた事がなかったです。
遊園地と言っても、観覧車やメリーゴーラウンドがあるのではなく公園。
1868年に外国人専用の運動公園として開園されたということです。
雨の中、竹の灯篭の火が灯っていました。ご冥福をお祈りします。
今年もですが、その年もインフルエンザが流行していて、家族で一人感染。
翌日から保育園は再開で、仕事に出るもインフルと思わず体調は最悪。
二人を連れて内科に受診も心配で、家にお留守番させて夜に受診。
夜は十時以降に帰宅が毎日の主人、どうしていたのか記憶にないです。
摩耶山や須磨浦公園から見た神戸の風景。
[2018/01/17 23:59] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) |
耳マーク
mimimark.gifitem_6_1.jpgitem_74_1.jpg

2018.1.5
お正月休み明けの久しぶりの週末(たった二日働いただけ)、
にも頼んでいたのですが、主人の鼻炎がひどくなっていて、近くの内科が、
診察していたら診てほしかったのですが、帰宅するとまだ・・・。
ネットで見ると営業しているようだったので、行ってみると、8日まで休み。
駅前の以前何度か行っていた耳鼻科に向かいました。幸い開いていて受診。
アレルギー性の鼻炎なので、辛そうですが、悪い症状はないということで、
夕食後や就寝前の飲み薬と点鼻薬が二週間分出て、ひとまず安心しました。
院外薬局で薬を待っているときにふと思い出したこと。
昨日職場の受付で、電動車いすの方が来られ、対応したのは別の人で、
「両耳が聞こえない、右手が使えない、片方の視力がない、歩けないです」
目的は果たして帰られたのですが、受付カウンターに掲示してあった、
「耳のご不自由な方には筆談で応じます」というポスターに気づかれて、
「二年前に身体が不自由になり、日頃困っていますが、耳が聞こえない事を、
その都度、一から説明するのが大変、何かステッカーとかバッジがあれば、
便利なのですが、そういうものを手に入れるのにはどうしたらいいですか」
と、質問されたのです。「区役所で聞くとわからないと言われました・・・」
離れて聞いていた私も知らず、担当していた人もわからず、そのままでした。
そんなことを薬剤師さんに簡単に聞いてみると、ポスターは知っているけど、
そういうステッカーとかバッジは聞いたことがないですと言う事でした。
あらためて帰宅してからネットで見ると、有料になりますが「全難聴」、
一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会が配布していると、
知りました。カードやシール、「耳が不自由です」「呼ばれても聞こえません」
「はっきり口元を見せて話してください」「筆談でお願いします」と言った、
それぞれの人に合ったものがありました。勉強不足でしたが次に生かそうと。
に話すと、知り合いの同年代のろうあ者の人は、ボードで筆談し、
バイクに乗り、積極的に生活しておられるそうで、でも高齢になってからの、
中途失聴者の人は、ネット利用もなかなかなんだろうなあと思いました。
[2018/01/05 23:59] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
初出
15151028800.jpeg15151028080.jpeg15151027820.jpeg15151026600.jpeg

2018.1.4
今朝は、まだベッドの中の主人を起こさないように家を出て仕事に。
ひととおり年始の挨拶をすませてから、Kさんに「今年喪中の人おられました」
と聞いてみると「Sさんかなあ?でもYさんもお義父さまが悪いと、
よく田舎に帰っておられましたよね」。しまった、Sさんに挨拶してしまった。
30人いる職場だと、注意しないと・・・。
身体を動かしていると気が紛れて、膝や指の痛かったこと忘れてしまいます。
明日は久しぶりに整形外科にリハビリに行ってみようかな。
少しいつもよりヒマな一日が終わり、帰宅するとが「食べに行こう」と、
年末にも行った中華料理の店に誘ってくれました。
店に入ると満員、でも、ちょうど席が空き、色々食べました。美味しかった!
年賀状、結局出していなかった人からは2枚だけ来ていたので、早速印刷。
夜遅く郵便局前のポストまで自転車を走らせました。
帰りにミニストップのコーヒーで一息。
[2018/01/04 23:59] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
AOSSA
15136956280.jpeg

2017.12.19
今日は今年最後の研修。ラストまで仕事をして、終業時間後に半数が受講。
二回に分けて行われる研修。今回はテストもなく、教材を読むだけ。
研修後にMさんとヴェローチェでお茶。
24才になったユウキちゃんの結婚が決まった話。
阪神大震災のあったとき、1才になったばかりだったのに、もう結婚の年。
うちはいったいいつになったらそんな話が出てくるのかなあ。
帰り道、川沿いの道を走っての暗い道、前を走っている自転車に合わせて、
カーブを曲がったら、溝に前輪がはまってしまい、転倒・・・。
暗い道で自転車ごと右に倒れ、一瞬「やっちゃった・・・」と呆然。
幸い、ベンチがあり、完全に倒れなかったので、
右足のすねと左足の内ももを、自転車のペダルにぶつけた程度で、
起き上がれました。手足を動かしても大丈夫。
帰宅して見てみるとあざも擦り傷も出来ていませんでした。
あのスピードで転倒したのに不思議・・・、運がいいのかなあ。
家に帰ると、郵便受けには夕刊があり、ドアを開けると真っ暗。
夜の8時近くなのに、主人はベッドの中でした。
昼食を食べた形跡もなし。「お父さん、ずっと寝てたの?」「うーん」
簡単に夕食の支度をして声をかけると、すぐに起きて普通に食べました。
自転車で転んだ話をすると、少し驚いていましたが、また食べていました。
夕食後、ライン電話がなり、以前の職場で一緒に働いたRさんで、
どうもかなりお酒を飲んでいるみたいで、でも、夏に退職して、
今の職場はそれから二社目。低賃金で、以前の職場に戻ろうかと、
聞いてみると、一度退職すると復職は出来ないと言われたそうです。
A社を退職→A社に復職は×。私はたまたまA社を退職→B社に採用→
A社が落札でそのまま勤務継続になり、派遣会社を、変更したので、
働き続けられたと初めてわかりました。退職の理由を「体調不良」と、
していたことも幸いしたのかも。実際そのあとガンが発覚しましたし。
Rさんの新しい職場が、かなりブラックで、年末で忙しいこともあって、
辛そうでした。その理不尽さをあれこれ聞くと、驚きの事ばかり。
一応ハローワークで正社員で採用なのに。
「ハローワークに訴えたら?雇用契約書貰わないと、残業つけないと」
などと憤慨しましたが、オツボネさんが恐ろしくて誰も声を上げないそう。
そんな話を一時間・・・、「無理やったら、辞めたら?」と言うのは簡単、
シングルマザーで、娘ちゃんは私立高校に入ったばかり、
健康保険もどうなるのか、わからず、
「とにかく、風邪ひかないで、うがいしなさい」と言っているそう。
また、飲みに行こうねと電話を終えました。私はまだ恵まれているなあ、
Rさん、来年には、生活も安定したらいいのですが。
色々なことがあった今日。が福井で撮ったクリスマスツリー。
[2017/12/19 23:59] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
研修
15127495400.jpeg15127493550.jpeg

2017.12.8
今日は「研修」と言う事でいつもと違うチームで仕事になりました。
立ち仕事が多いのと、階段を使って上の階に書類を探しに行くことがあり、
ちょっと心配でしたが、Mさんの協力で何とか一日を終えました。
座り仕事が多いのですが忙しいチームに比べて、忙しいこともあるけど、
マイペースでじっくり取り組めるのも気分転換にいいと思いました。
インフルエンザ?などの体調不良で休む人もあり、人手不足で、
ラストの5時15分まで残り、久しぶりの残業でした。
更衣室でバスの時間を確認しようとしたらスマホの電源が切れていて、
すっかり暗くなった小雨の道を急ぐとちょうどバスが近づいていてラッキー。
乗り換え駅でもちょうど始発のバスが止まっていてすんなり帰れました。
20分に一本程度のバスなのに、うまく乗り継ぎ出来ました。
帰宅すると主人が「今日はが帰ってくるよ」と言うので、
主人のスマホを見ると本当だ!まずは追加の買い物に出かける主人。
二人で早い夕食をすませ、息子たちの夕食の準備。11時に帰宅した二人。
ところで今週は帰らないはずだったのに、また北陸方面にドライブに行くそう。
今回は「車中泊で凍死したらあかんから、どっかに泊るよ」と。
[2017/12/08 23:59] | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR