FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
姉妹で旅行は・・・
FB_IMG_1541584336870.jpgFB_IMG_1541584286902.jpg

2019.11.4
明日は仕事。この連休はさすがに疲れてしまって寝坊の日々。
ちゃんと起きれるか心配になります。打撲の痛みはもうほぼ治り、
自分でも驚くほどです。三連休で良かった・・・。
先週は三日しか働いていないし、休みに遠出もしていないし。
次のご朱印は「三室戸寺」にしようと計画はしているのですが。
下の姉から「三人(姉妹)でどこか旅行に行かない?」とライン。
月曜と木曜が仕事が休みで、土曜日は孫の用事の多い上の姉、
水曜が休みで、土曜はコーラスが入っている私、月曜と金曜が、
休める下の姉・・・、となると誰かが仕事を休まないと無理。
近頃連休が多くて、パートの身では出来れば休みたくない。
なかなか一泊は難しくて、決められません。
今となっては主人を残して外泊するのも少し不安。
土曜に一泊して日曜に帰るならの帰っている日はどうかなあと、
言ってみると、それは姉たちは悩ましいらしく決まりません。
「ランチかディナーにしようよ」と、上の姉。でもいつがいいの?
こんな話、前にもしていたような気が・・・。
[2019/11/04 23:32] | 姉妹 | トラックバック(0) | コメント(6) |
いらっしゃい
15692505450.jpeg15692509780.jpeg

2019.9.23
今日は11時半に上の姉と梅田で待ち合わせ。お鮨ランチ。
ひとつお願いしたいことがあって時間を取ってもらいました。
「わが家にお客さんで来て主人と話してほしい。」
が「お父さんに刺激を与えるには来客が一番。」
「でも全くの他人だと緊張するから少し親しい人、伯母さんは?」
6才年上の姉が「いいと思う」と。「えーっ、そうかなあ」と、
すぐには言いだせず、そもそも家に人を呼ぶ事があまりなく、
散らかっているとか、お客さん料理が苦手とか、私の都合。
姉なら気も使わないし、家もまあまあ近い。で、ランチした後、
「主人、夫婦で出かける以外は引きこもりがちなので、
うちに来て、一緒に雑談でもしてほしいの」とお願い。
「いいよ、ダンナは今日泊りだから今日これから行こうか?」
しまった、掃除もしてないと思いながら、来てもらうことに。
ラインで「これから姉がうちにくるので、掃除機だけかけてね」
と、ついでに同文でメールも。しばらくして既読になるも、
返信もなし。また寝ちゃったかなあと思いながら、帰宅すると、
ちゃんと着替えて、さわやかな顔で「やあ、いらっしゃい」と。
掃除して、姉のスリッパもきれいにそろえてくれていました。
コーヒーも淹れてくれて、帰りに買ってきたミスドのドーナツも、
きれいにお皿に入れてくれて、しばらくおしゃべり、普通・・。
姉に「レコード聴く?」と懐かしのフォークソングを。
トワエモア、シモンズ、フォークソング特集、主人も、
この曲知ってる?と聞くと「知ってる」「これは知らない」など。
一時間ほどすると疲れたのか寝室に引っ込んでしまいました。
姉からは、また、時間のある時には来るねとうれしい言葉。
夕食の後、今日のことを聞いてみると、覚えていませんでした。
[2019/09/23 23:50] | 姉妹 | トラックバック(0) | コメント(4) |
有休の早退
15638938640.jpeg15638938800.jpeg15638939010.jpeg

2019.7.23
今日は先月のG20の前日に転移がんの手術をして、
10日に退院していた、姉の診察日。姪ははずせない用事があり、
義兄は夏風邪で体調が悪く、一人で奈良から中之島の病院に、
出てくることになった姉。退院後ほとんど外出もしていなくて、
まだふらつきがあり、帰りが不安で、私に「来てくれない?」
と。「一時で早退できるか聞いてみるけど・・・」というと、
「お願いします」と。この頃少し仕事も落ち着いているので、
おそるおそる早退を申し出て、了解をもらいました。
ちょうど今月から時間単位で有休が取れることになったので、
昼休憩を1時から取って、2時から4時の2時間を有休に。
診察後に、がん相談支援のスタッフにいろいろ相談したり、
薬局に行ったりしたらしい姉と、2時に落ち合いました。
思ったより元気な姉。ホテルのシャトルバスで大阪駅に出て、
ランチしながらいろいろおしゃべり。心配した姪からの電話も、
気づかず、私にまでラインが来ていました。
姉宅の最寄り駅まで送るつもりでしたが、「大阪駅でいいよ」
と、ホームで手を振って別れました。それにしても私も、
風邪?口内炎や、頭痛、微熱、下痢。さんざんです。
帰宅後に主人の薬だけはと、雨の中一人でさすべえをつけた、
自転車でクリニックへ。薬局に寄り、帰宅するとゴロリ。
明日は主人のデイケア以外は用事もないしゆっくりします。
夕食後に爆睡して、やっと復活しました。
とは10才違いの甥はやさしく、姉と義兄とを気遣い、
名古屋勤務ですが、よく帰ってきてくれるそうです。
G20の直前に新しくなったらしいホテルのロビーの絨毯。
コーヒー、姉はマンデリン、私はブラジル。
[2019/07/23 23:54] | 姉妹 | トラックバック(0) | コメント(4) |
外出許可
15625040720.jpeg15625039850.jpeg15625041160.jpeg

2019.7.8
土曜日に入院中の姉から「外出許可が出たので大阪に行こう」
と、ライン。奈良に住む姉がいう大阪は、多分梅田の事。
コーラスもあり、も帰っていたので「お義兄さんとどうぞ」と。
昨日は六甲山に遠出したので「デートした?」と聞くと、
「近くのセブンイレブンに行った」と。手術してやっと10日、
まだまだ、病室で安静の方がいいのではとは思いますが。
今まで個室が多かった姉、今回は入れ替わりの多い四人部屋。
同室の人のたてる物音、ヒソヒソ話す声、イビキがものすごく、
気になるそうです。私は何度かの入院生活で個室の経験は無し。
重症ではないせいもありますが、大部屋の方が気が楽。
もしかして、ひょっとしてイビキで迷惑をかけてるかも・・・。
家では、いつも寝返りもあまり打たず静かに寝ている主人、
寝相も悪く、多分イビキもかいてるような気のする私。
聞いてみても「ボクも寝てるからわからないよ」という主人。
個室の病室はさびしくて怖い。亡くなった父は入院が多く、
「一人の病室だと、このベッドで今まで何人の人が死んだのか、
考えると眠れなかった」というのを聞いたことがあります。
まだ子供の頃、そんな話を聞いたからかしら。
昨日の六甲高山植物園の花。食虫植物も。
[2019/07/08 23:59] | 姉妹 | トラックバック(0) | コメント(4) |
長生きするかも
15617323130.jpeg15617329450.jpeg15617328090.jpeg

2019.6.28
週の半ばの水曜日と木曜日に仕事を休んでしまい、金曜日。
明日と明後日は休み。勤務後に自転車で中之島に向かいました。
国際美術館から、土佐堀川沿いの道ならG20の警備も、
大したことはないかと思って進むと、ダメでした。
簡易なゲートがあって、入り口?から入ろうとすると、
警官に「どちらにどんなご用ですか?」とたずねられました。
「この先のS病院に身内が入院中でお見舞いに・・・」と。
「ご用事は病院にお見舞いですね。申し訳ないですが身分証、
出来れば写真付きのものをご提示お願いします」えーーーっ。
水曜も免許証を出しました。やっぱり徒歩より自転車がキビシイ。
しかたなく免許証を。「ありがとうございました!」と放免。
午前中にICUから病室に戻っていた姉と、少し話し、
のぞきに来てくださった医師にもご挨拶。「今回の手術、
チームでアプローチを何度も検討して、決めた作戦が成功して、
うまーく、プリッと取れたんですよー(ガンが)。」
「???本当にありがとうございました」
「取れなかったら、限界という事態もありましたからね」
???そうだったんだ。とにかく良い結果なのは確かでした。
この先どうなるのかは神様しかわからない。もしかしたら、
三姉妹で今回手術した姉が一番長生きすることだってあり得る。
私は最後はイヤだけど。それも神様だけが御存知かな。
神様・・・と考えた時、亡くなった父の優しい顔が浮かびました。
にも面影がある父の笑顔が浮かんできました。
帰りはあみだ池筋から土佐堀通の方が行きやすいかなと、
走っていると、なにわ筋の交差点で、通行止め・・・。
しばらく待っているとイタリアの要人の車列が、白バイの先導で、
通り過ぎていきました。もしかしたらコンテ首相だったのかしら?
夜の10時過ぎには、上空でヘリの音が鳴り響いていました。
大阪城からそうは遠くないので、あれは取材のヘリだったのかな?
上の姉は安心してずっと前からの予定の北海道富良野の旅へ。
[2019/06/28 23:44] | 姉妹 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム | 次のページ>>
カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR