私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育てでした。2012年春、息子たち(兄・平、弟・治)は大学を卒業して社会人になりました。
ギター伴奏
14886762250.png14886769090.png

2017.3.4
今日は三カ月ぶりの乳腺のクリニックの診察。前回の検査の結果も良好。
しいて言えば、もっと体重を落としてメタボ傾向を脱却しなさいと・・・。
そろそろ、短時間勤務をもとのフルタイムに戻そうかと考えている話をすると、
「今の状態なら大丈夫ですよ、まだ戻してなかったの。」と笑顔の主治医。
薬局の整理券の番号は7番。悲惨な番号札、
若い女性の薬剤師さん、もっと丁寧に発券してほしいなあ。
いつの間にかGloria Jean’s coffeesからgood siphon coffeeへと、
変わっていたカフェ、2月21日にオープンだったようでした。
もうクロックムッシュとアイスコーヒーで777円には出来ないなあ。
モーニングをゆっくり食べてから帰宅しました。家では男子三人ゴロゴロ。
お昼ご飯は主人との男子たちに任せて、早めに次の予定に出発。
三週間ぶりのコーラスの練習なのです。パート練習のために早めに到着。
三週間ぶりに見る楽譜、怒られそうです。家での自習は出来ないなあ・・・。
パート練習ではヘナヘナで、赤面状態です。メンバーの優しさが辛い。
本当に来月末のコンサートでちゃんと歌えるのか不安でいっぱい。
が「口パクでいいやん」と言うのですが、ある程度覚えないと出来ない。
本練習では、フォークソングメドレーで伴奏をして下さるギタリストが、
顔合わせに来てくださり、軽く演奏。素敵なギター、素敵な音、おしゃれな姿。
メンバーの息子さんなのですが、プロとして活動されている方なのです。
指揮者は練習の合間に伴奏の楽譜を書き上げ、「これで行きましょう!」と。
素敵な伴奏!ボサノバっぽい癒される響き、いいなあ。
そのギターを聞いていてちょっとテンション上がってきました。頑張ろう。
[2017/03/04 23:59] | 入院・通院 | トラックバック(0) | コメント(0) |
お薬手帳ケース
DSCN6982.jpg

2016.12.16
最近、通院が増えて、処方せん薬局にもお世話になっていますが、
「お薬手帳」をたびたび忘れます。
医師の診察の時にもお薬手帳を見せると話が早いこともあるのに、
肝心の時に忘れてしまいます・・・。
今更ですが、お薬手帳と健康保険カードや診察券がまとめて入れられる、
お薬手帳ケースがあればいいなあと、ネットで見ると100円くらいから色々。
しかも探すと手作りの方法まで公開されていたりします。手作りは無理かな。
でもでも、いまだにネットでの買い物には抵抗があります。
去年の今頃、冬用のウィッグの下に付けるインナーキャップを注文したら、
メール便が行方不明になり、結局誤配で下の階の空き家の郵便受けに、
間違えて入っていて、年末から年始にかけてやきもきしたのでこりごり。
探しに行こう、探せばあるはず。百均、文房具店、薬局?どこかなあ?
主人や、私の分がそれぞれ色違いであればいいのですが。
[2016/12/16 23:59] | 入院・通院 | トラックバック(0) | コメント(2) |
役割
20150817002332353.jpg

2015.8.27
医療保険に入っていたので、手術や入院に関する費用は、
かなりカバーされていました。フルタイムで社会保険も適用だったので、
傷病手当金も申請すれば多少はあるようです。
もし正社員の頃なら、病気休暇で安心して休めて、
長期なら代替のアルバイトの人がいたかもしれません。
今は、休んでも補充はなく、迷惑かけているなあと、
申し訳ない気分です。
入院の時の病院に出すアンケートで、
「入院中にあなたの役割をなさるのはどなたですか?」とありました。
主人と書きましたが、も少しは自覚してくれているのかなあ?
はベランダの鉢植えの水やり、ちゃんとしてくれているのかなあ。
は電気のスイッチの確認、ちゃんとしてくれているのかなあ。
で、夕方様子を見に来てくれた主人に聞くと、
「一応僕がやってるでー」と、あんなに息子たちに念押ししたのに・・。
明日はやっと退院。帰ったらまず洗濯しないとです。
今日は抜糸をしたのですが、傷跡も意外なほどきれいです。
友人のYさんに教えてもらってこのクリニックに受診して、
検査、乳ガンと診断、入院、手術とあっという間でした。
来月からは放射線治療がはじまりますが、
慌てず平常心で日々を過ごしていこうと思います。
[2015/08/27 20:00] | 入院・通院 | トラックバック(0) | コメント(2) |
手術の説明
20150815073511522.jpg

2015.8.26
お盆の14日、有休をとって主人とと一緒にBクリニックへ。
この日は「手術の説明」でした。ご家族も一緒にと言うことで。
今まで通院した時に、付き添いの家族の男性は、
検査着の女性の多い待合室の中では、入り口近くの小さな椅子や、
奥の窓に向かって座るカウンター席に、おられることが多いと、
思っていたので、カウンターに二人を案内し、
私はソファーに座って待ちました。この日も「30分待ち」。
名前を呼ばれ、「主人と息子も来ています・・・」と一緒に診察室に。
手術を担当してくださる院長先生が、これまでの検査の結果や、
診断や、手術の方法、その後の治療計画を丁寧に話してくださり、
プリントしたものを手渡してくださいました。
でも自分では気付かずに、かなり舞い上がっていた私、
その時の話で記憶にないこともありました。
主人やと何か再確認をしたわけでもなく、
でも、一緒にいてくれるだけでも安心でした。


[2015/08/26 20:00] | 入院・通院 | トラックバック(0) | コメント(0) |
再検査
20150808190859298.jpg

2015.8.25
8月8日は、MRI結果の説明を院長から聞く日で、13時45分の予約でした。
20分ほど前に着き、Rクリニックで撮影したフィルムを受付で渡し、
しばらく待っていましたが、なかなか呼ばれません。
近くにいた年配の女性が「すみません、いつになったら呼ばれるんですか?」
とイライラした様子。で、よくよく見ると、受付のところに、
「約60分待ち」と掲示されていました。何か急患でもあったのか?
雑誌を4冊ほど見終わったころにやっと呼ばれ、診察室に入ると、
「腫瘍の大きさは2.8cmですね。それとMRI画像で、
少し気になる別の影を2個見つけたので、もう一度エコー検査しましょう。
それによっては針生検で細胞も検査しましょう。
もし悪いものなら予定より大きく切ることになるかもしれません」と。
今まで、2センチほどの腫瘍が1個あると聞いていたので、ちょっと不安に。
エコーを受け、またしばらく不安な気持ちで待ち、診察、
結局悪いものではないとのことで、はじめの予定通り、温存手術に。
自分では冷静なつもりだったのに医師の言葉一つで動揺してしまいました。
雨と雷の中、クリニックを出て、パン屋さんで雨宿り、
に先日食べて美味しかったパンを買って帰りました。
今日の朝食や昼食は昨日の入退院で、
かなり入れ替わったメンバーで八人がけの大テーブルで。
高校三年生のNさんは、二泊三日の良性腫瘍切除。
はじめ、あまりの若さにびっくりしました。
良性と聞いたときは、思わず「ああ良かった!」と口からでました。
左右の胸を切除したOさん、
術前の抗がん剤ですっかり髪を無くしておられる方たち。
以前に全摘されて再建手術される方、
皆がニコニコ食事していました。

[2015/08/25 20:00] | 入院・通院 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ>>
カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

電車がゆく ver.03

無料ブログパーツ

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
30年勤めた会社を2011年に退職 
現在パート勤め

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR