FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
休業
15892086770.jpeg15892084270.jpeg15892088650.jpeg

2020.5.11
朝、いつものように通勤の途中にあるいつもの喫茶店に立ち寄り、
いつもの席に座ると、ちょっと元気のない店主さん。
「お仕事はどうですか?」と。「しばらく月火金なんです!」
「実は、明日からしばらく休業することにしました・・。」
えーーっ。でもこのご時世。頑張ってこられてたのに、ついに。
今日の今日まで悩みに悩んだ決断です。必ず再オープンします。
昨日、インスタグラムで告知されていたのに気付いていなくて、
何て言っていいのやら。美味しいコーヒーも飲めなくなるなあ。
「(再開)待ってますね」と、店を後にしました。
ランチやテイクアウトもしたかったけどなかなか機会もなく。
夜に、しんみりしてにラインしました。「朝の癒しの時間が、
無くなった。朝の八時からジャズのレコードを聴いて、美味しい
コーヒーを飲んで、ホント癒してもらってたなあ。」と。
の癒しは何?」と聞くと「最近自分でペペロンチーノ作る
ことかな」「オリーブオイルとにんにくチューブ使った単純な
やつやで」「頑張って他のも作れるようになりたいわ」と。
のパスタ、いつか食べてみたいなあ。小さい頃お父さんっ子で、
いつもお父さんベッタリだったに主人の事を愚痴るダメ母です。
パスタが得意な主人のペペロンチーノも食べたくなりました。
[2020/05/11 23:57] | 喫茶店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
コーヒー豆を
15879966380.jpeg
15879966510.jpeg

2020.4.27
朝、出勤前にいつもの喫茶店でコーヒーを。
店主さんも苦戦の毎日だそうで、コーヒー豆を挽いてもらって、
持ち帰り用に。月替わりといつものビターブレンドを100gずつ。
月替わり、名前を聞くのを忘れました・・。
今週は木曜に出勤したら、あとは連休明けまで休み。
喫茶店の定休日は木曜なので、「では、連休明けに来ます」と、
店を出ました。喫茶店の継続は厳しいのだろうなあ、三月には
「日本ジャズ喫茶69」と題された全国版の本にも名前が出て、
うれしそうに教えてくださったのに。スマホで店の写真を撮って、
上の姉に送りました。「いつか連れていってね❤️」と。
明日からは気温も上がり初夏の天気になるとか。
昨日は、玄関収納をかなり整理してもう履きそうにない靴を処分。
の中学生の時に数回履いただけのキャラバンシューズ。
私の古いメフィストの山用のシューズ、今となっては重すぎる。
主人の鉛の靴のような登山用の靴も処分しました。これは内緒。
かなり劣化していましたから。私の夏のサンダルも出しました。
スリッパも、ニトリが休業なのでスーパーで買って冬から夏に。
[2020/04/27 23:13] | 喫茶店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
気合いを
15856686090.jpeg15856655220.jpeg

2020.3.31
今も毎朝通う喫茶店。八時からの客はほぼいつも私一人。
今朝はローリングストーンズの曲が流れていました。
いつもジャズのレコードを流しているこのお店ですが、
店主さんが開店準備の時や、お客さんのいない時間に、
気合いを入れる、入手したてのアルバムや他のジャンルの曲。
私はジャズやロックにはぜんぜん詳しくなく、アーティストも、
知らないので、店主さんの解説がいつも楽しみです。
ビターブレンドのコーヒーを飲み、私も気合いを入れます。
受け付けにいると、珍しくマスクをかけないお客さんが、
「マスクって会社からもらえるの?」と聞いておられて、
聞かれた同僚は「いえいえ、ありませんよ。自前ですよ。」
その自前のマスクも「あと○枚・・・」と言う話ばかり。
「洗って使うか手作りしかないよね」と自嘲気味。
もちゃんとやりくりしてるのかしら。
いざとなればハンカチをこうしてああしてと言いましたが。
朝の通勤の道の桜。帰り道ではモッコウバラがちらほら。
[2020/03/31 23:59] | 喫茶店 | トラックバック(0) | コメント(4) |
純喫茶
15817810010.jpeg

2020.2.15
一週間前の土曜日、面会に来てくれた姉の話では、手術の日に、
麻酔から覚めた直後の私の枕元に来て、声をかけてくれたらしく、
すると私は姉の顔を穴のあくほどじーっと見つめ、姉が動くと、
目で追って見つめ続けていたそうです。「あまりじっと見るから、
涙が出そうだった」と姉。でも、まったく記憶がありません。
ベッドのまま、エレベーターに乗り、廊下を運ばれて病室に戻り、
ずっと目を開けていたらしいのですが、まったく覚えていません。
気がつくと病室のベッドの上だったような。以前の全身麻酔の、
手術では、廊下を運ばれる時に、ぐるぐると天井が動いて、
目が回りそうだったのに。記憶って飛ぶものなんだなあ。
「せん妄」昔、母が「脊柱管狭窄症」の術後に、しばらく困った
状態になり姉妹で途方にくれ、医師は「結構ありますよ」と言い、
自分もそうならないかと不安がありました。姉には怪しげな目を、
向けたりはしましたが、今回もすぐに意識が戻り良かったです。
今日の午後、テレビの「純喫茶」を紹介する番組で、昔に神戸の、
元町で働いていたときに毎朝コーヒーを飲んでいたお店が、
映っていて、オンエアはマスターに聞いていたので、懐かしく
見ました。今でも時々メールを下さいます。元町、行きたいなあ。
が大学生の頃は、まだ元町で働いていました。
[2020/02/15 23:59] | 喫茶店 | トラックバック(0) | コメント(2) |
パラゴン
img_3c24c7a0a102e37329a1ac8aeb64afb2393018.jpgパラゴンIMG_0067-thumb-510x340-67642889872_2191839311072337_4025158893574291456_o.jpg

2019.12.10
朝、いつものように、コーヒーを飲む喫茶店に行くと、
めずらしく、賛美歌の合唱のレコードがかかっていました。
「あら、いいですねー」とジャケットをまじまじと見ました。
ひざ掛けを持ってきてくださった店主さんが、
「昨日、朝、I(私)さんの他にもう一人おられたお客さん、
モーニングの後、そのままずーっとレコードを聴いておられて、
ランチしてからお帰りになったんですよ」と。
「えーっ、すごいですね。リクエストされたんですか?」
「いいえほとんどお話しもされず、ずっと聴いておられました」
「帰りにお聞きすると旅行で大阪に来られたみたいでした」
ジャズ喫茶でレコードを聴く旅をのんびりなんていいなあ。
私も少しジャズの知識があれば、そんな旅もいいなと思いました。
が小さい頃、何度も行った甑島、串木野駅から島に向かう、
船が出る港への道の途中にあった「パラゴン」というお店。
40数年営業されているジャズの名店ですが、夏のメニューでは、
さすが鹿児島「しろくま」かき氷も充実。来年夏に甑島に旅して、
そしてパラゴンでモーニング、かき氷、ランチとまったり長居、
ちょっと妄想してしまいました。無理かしら?
パラゴンの画像はネットよりお借りしました。
[2019/12/10 22:55] | 喫茶店 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム | 次のページ>>
カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR