FC2ブログ
私と息子たちのタイムスリップの日々
フルタイムで働きながらの双子育ての思い出、今は初期の認知症の主人と、私の乳がんの術後の事もちょっぴり。
K内科ってどこや
15558566370.jpeg
15558566670.jpeg

2019.4.24
今日は休み、連休前に主人の内科の受診をしました。
薬を切らさないように。先月に言われていたのですが、
糖尿病の薬が一錠増えました。一日7錠は仕方ないかなあ。
内科に行く前に「ちょっと付き合ってね」とATMに立ち寄り、
いつもと違う方向から、内科に自転車で向かいました。
駐輪場について振り向くと、主人がいない・・・、
また後方に注意をしていませんでした。スマホに電話すると、
しばらくしてやっと出た主人。「お父さん、K内科だよ」
「K内科ってどこや、場所がわからん」「えーーっ」
20年ほど、母もも家族でお世話になっている内科、
違う方向からさっさと前を走っていた私がうかつだったのか。
「今どこにいるの?」「ライフの前」「待っててね」と迎えに。
診察の後、K医師に、主人が診察室を出てから話すと、
「そろそろ、着ておられる服などに、名前と連絡先を、
記入されたほうがいいですね」と、「徘徊が心配ですね」
電車などで遠出するときは、気を付けていたのですが、
今日は、まさかの出来事でした。
[2019/04/24 22:55] | 主人 | トラックバック(0) | コメント(1) |
初夏
15560321570.jpeg

2019.4.23
だんだん気温も上がってきて、薄手のデニムジャケットもアツイ。
今朝は夏によく羽織る白いパーカーで出勤。
桜の時期も過ぎ、葉桜の道は小さな虫が飛んでいて、
眼鏡やマスクをつけないと、目や口や鼻に飛び込んで来そうです。
寝不足で家を出るのが遅れて、いつもの喫茶店にも立ち寄れず、
忘れ物をしたような気分になりながら出勤しました。
八時開店のお店に入り、15分だけのコーヒータイムが日課。
先週だったか、お店に入るといつも座る席に先客がいて、
翌日に店主さんが言うには愛媛の松山城のロープウェイ乗り場の、
周辺にあるカフェの店主さんで、所用で大阪に来られて、
その際に立ち寄りたいカフェを事前にチェックされていて、
朝一番に来店されたようでした。カフェの店主さん同士で、
互いの店を行き来することもあり、交流も楽しみの一つだと。
松山城付近のカフェだと、きっと前を通ったり入ったりしたかも。
来週、の運転の四国ドライブで、久万高原町を訪れる時に、
伊予の両親のお墓や、松山にも立ち寄れたらいいな。
帰宅途中の川沿いの道で散歩中の主人とバッタリ出会い、
コンビニアイスを、イートインカウンターで食べました。
夕食の時も暑くて、いよいよダイソンの扇風機が登場しました。
[2019/04/23 23:59] | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) |
叔父のメール
15559507330.jpeg

2019.4.22
今朝はちょっと緊張して出勤。先週に発覚した大きなミス。
かかわったメンバーに聞き取りがあり、経緯もわかってきました。
何人もで、チェックしているのに、スルーしていたんだと驚き、
今後どうなるのかはまだわからない・・・。
勤務後に、先週から電池切れだった腕時計の電池交換に、
去年、掛け時計を修理してもらった時計屋さんに立ち寄りました。
結婚十年目に主人に買ってもらったグランドセイコー。
今までに確か二回ほど分解掃除してもらっていますが、前回は、
いつだったか記憶にはないのですが、「そろそろですね」と。
待ち時間に、ついつい甘味処でクリーム白玉あんみつを食べて、
ほっこり。あんみつの食べられるお店、貴重です。
の運転で久万高原町に行けそうなので、亡くなった父の、
一番下の弟の叔父にメールして、曾祖父と祖母の住んでいた、
町の名前や、お墓のある場所の地名を知ることが出来ました。
グーグルマップで見ると、郵便局や町立病院もあり、記憶通り。
でも、メールに返信をくれた叔父は今入院中でした。
もう80才を過ぎた叔父、「僕の事は何の心配もいりません」
「旅の無事を祈ります」とは言ってくれましたが心配。
今年の年賀状では勤務していた会社のワンゲル班のOB仲間で、
関門海峡の海底トンネルを歩く元気な姿の写真を見ていたので。
[2019/04/22 23:59] | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
久万
15558564560.jpeg

2019.4.21
GWの後半に石垣島旅行を計画しているのですが、別に、
ここ数年行ってみたいと考えているところがあります。
愛媛県の久万高原町。私の父方の先祖が住んだ所です。
2004年に上浮穴郡久万町、面河村、美川村、柳谷村が、
合併して誕生した町です。私には久万の名が親しめます。
夏は四国の軽井沢、冬は四国の北海道と言われるそうで、
まだ小学校に入る前に、冬の雪が積もっていた頃、
当時、曾祖父と祖母が二人で食料品店を営んでいた家に、
数日間私一人で預けられたことがあります。理由は不明。
雪の降る山道をバスで久万まで行ったこと、その窓から、
見た山の雪の風景が墨絵のように思えたこと、
お店の商品のキンカンをおやつに食べたり、曾祖父が、
近くの町立病院に通院するときについて行ったりしたこと、
その後、曾祖父と祖母は、松山市内の叔母の家に引越し、
私がその後、久万を訪れたのは20代の頃に愛媛であった、
法事のあとに、先祖の住んだという久万の集落に親戚と訪ね、
お墓参りをしたこと、祖父の従妹の女性が案内して下さり、
その息子さんという方が、父とそっくりで驚いたこと、
血のつながりは不思議だなあと印象深かった思い出です。
四国カルストという景勝地が有名で、は、
奇遇にも連休の前半に、二人で行く予定と聞き、
「行きたいなあ」というと「ええで」
「自分もお母さんのルーツ知りたい。場所だけ特定してな」と。
長年の再び行きたかった場所に行けそうです。
が送ってくれた四国カルストのネット画像。
[2019/04/21 23:59] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
二万歩超え
15557773780.jpeg15557775060.jpeg15557775520.jpeg15557775710.jpeg15557782800.jpeg15557776450.jpeg15557776110.jpeg15557783780.jpeg15557776840.jpeg15557777170.jpeg15557777490.jpeg15557777940.jpeg

2019.4.20
今日はコーラスの練習は休み!ゆっくり朝刊を見ていると、
古市の応神陵古墳の外堀外堤(?)にある菜の花畑で、
花を摘んで持ち帰ることが出来る催しがあるとあり、
テンションアップ!ただし、時間は午前10時~正午。
すぐに用意をして出かけないと難しい・・・。主人に話すと、
はじめは乗り気になっていましたが「やっぱり無理かなあ?」
と、とりあえず、福島区の野田ふじの偵察に行くことに。
桜ノ宮駅前の喫茶でモーニング、環状線で福島に。
福島の聖天さんに訪れると、残念ながら満開はもう少し後?
そのまま、野田の春日神社に向けて歩くことに。古い長屋が、
残る地域、路地をキョロキョロ眺め、歩きながら野田阪神へ。
途中の大型スーパーでお弁当を買い、飲食コーナーでランチ。
とりあえずエアコンの利いた店内でランチ倹約!
野田新橋筋商店街を歩き、活気のある八百屋さんやら、
スーパービッグビーンズをのぞきながら環状線野田駅へ。
以前はよく行ったカフェバーンホーフは今は喫茶はしておらず、
のぞいて見るとカウンターでのスタンディング形式になっていて、
諦めて、スマホで確認してみると月に一度土日に開く、
玉川の古民家の「オモヤカフェ」が今日は営業していました。
まず、春日神社に向かいましたが藤の花はまだまだ・・・。
案内のスタッフの方に聞いて開花している場所に向かいました。
コミュニティーセンターの庭、ベンチに座って香りを楽しみ、
「オモヤカフェ」に。大きな座敷が解放された和カフェ。
先客は2名だけ。中庭の見える席でゆっくりコーヒーとケーキを。
五月人形が床の間に飾られ、お茶室には古い甲冑もありました。
日差しの暑い中、靭公園に向かって歩き、楠永神社の日陰で休憩。
中之島公園散策は後日にして、大阪市役所前のバス停に。
時刻表を見るとなんと一分前。すぐにやってきたバスに乗ると、
座席が二人分だけ空いていました。どこまでもラッキーな一日。
地元に帰って、コンビニのアイスをイートインコーナーで食べ、
ホッと一息つきました。歩数は21482、距離は15キロ。
は今日は八王子から青梅経由で日原鍾乳洞までドライブ。
でも、結局、夜はの部屋まで乗り込んだようです。
[2019/04/20 23:59] | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ>>
カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

プロフィール

たんぽぽ・ママ

Author:たんぽぽ・ママ
女性 関西 
1990年生まれの双子の息子の母です。
30年勤めた会社を2011年に退職。 
同業で現在パート勤め。

FC2カウンター

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR